町田の葬儀場でのサービスはどのようなものか

家族が亡くなるのはいつも突然といえますが、その際に葬儀や供養といったさまざまな儀式を取り仕切ることができる場づくりは重要です。そこで遺族にとっての必要なサービスを提供するのが葬儀場の役目であり、東京都町田市のみならず、全国に類似の施設は多くみられます。ことに町田市の場合には、東京都心からみたベッドタウンとして全国各地から多くの新住民が集まって人口規模が増加したといういきさつもありますので、葬儀場についてもほかの地域よりもバラエティに富んでいる傾向があるといえるでしょう。それぞれの式場の違いを普段からあらかじめ頭に入れておくようにすれば、家族に万が一のことがあった場合であっても、あわてずに落ち着いて対応することができるようになります。

設備の有無によってサービスの幅は異なる

町田市にはさまざまな葬儀場があるとはいっても、そこには備え付けられている設備の差があることも事実です。そのため市内にあるからといって、サービスはすべて同じとはいいがたい面があります。典型的なパターンとしては、通夜や告別式ができる式場の貸し出しや祭壇・仏具などの手配、霊柩車やマイクロバスその他の移動手段の手配、当日の司会進行や駐車場整理などの人員配置といったところがサービスの中心といえます。自宅や寺院で執り行う場合には、式場の貸し出しの部分は必要ありませんので、もっぱらその他のサービスだけを提供するといったこともあり得ます。そのほかには式場以外に霊安室や食堂などの設備をもっているところがあり、この場合は遺体を当日まで安置して預かったり、終了後の通夜振る舞いや精進落としの飲食手配までを引き受けてもらえます。

大規模から小規模までの形態にも対応

現在では人々の価値観も多様化しており、町田のように新住民の多い地域では特にその傾向が顕著になっているといえます。そこで式場の貸し出しにあたっても、従来からの一般葬に加えて、小規模に身内だけで行うような家族葬への対応を打ち出しているところがあらわれるようになりました。両者の違いとして大きなものはやはり参列者の人数や属性であって、従来であれば家族や親族、地域の隣人、職場の上司や同僚などをあわせて、一般の人が亡くなった場合でも100人規模の参列ということは珍しくはなかったため、相当に面積の広い式場を確保することが優先されていました。ところが家族葬になると内輪だけでせいぜい数十人という規模が普通ですので、式場も余計なスペースが空かないように小さめにつくられたものが用いられます。