今町田の葬儀場で求められているサービスの数々を紹介

東京都町田市のようにベッドタウンとして人口が多く集積しているような都市部では、住民のための冠婚葬祭にかかわるサービスも盛んになっています。結婚式とは違って葬式というものは事前の準備もなしに突然にその機会がやってくるものですので、当然ながら葬儀場をあずかる葬儀社には臨機応変なサービスが求められます。そのようななかでも時代の移り変わりとともに葬式を執り行う側のニーズそのものが変化しているのも事実であり、昔からの伝統はある程度守りつつも、現代には現代に合ったサービスが登場しています。このようなサービスに普段から関心をもち、その具体的な内容を見ておけば、親しい身内が亡くなるなどして実際に葬式を出す必要が生じた場合にも、適切なサービスを依頼しやすくなります。

セレモニーホールの利用が前提となってきている

町田は地理的に見れば東京都内でも最西部、神奈川県と境界を接する場所にあたります。そのためかつては葬式を出すといえば自宅で行うのがある種の決まりごとであり、それ以外であれば菩提寺のなかでというパターンが一般的でした。ところが現在のように都市化が進んでしまうと、自宅などで葬式をするには参列者の駐車場の確保も含めたスペースの狭さがネックとなってきます。このようなことから町田市内では民間の葬儀場、一般にセレモニーホールとよばれているものを貸し切って、その内部で葬式をするのが現在のスタンダードな方法といえます。葬儀場自体もあらゆる種類の葬式に対応できるように、参列者の多い場合を見据えた大ホールを用意したり、いっぽうで小規模な家族葬にも最適な個室を用意したりといった工夫が見られます。

種類や内容のバリエーションが見られる

葬式といえばかつては地域や会社などの亡くなった人にゆかりがある人々が総出で行うものと相場が決まっていました。しかし現在ではそのこと自体が問い直されている部分が多く、従来どおりの大人数での参列を前提とするサービスのプランから、家族や親戚だけの参列を前提とした小規模プランまで、さまざまなバリエーションが用意されるようになってきています。従来のものは一般葬、小規模なものはその内容に応じて家族葬や直葬などということばで表されることもあります。ほかにも亡くなった人の個性を最大限に尊重できるような、柔軟性のあるサービスも登場しているのも特徴です。たとえば故人の半生をビデオクリップにまとめて式場で放映したり、生前の趣味の作品や写真を展示したりといった一工夫がプランに標準で盛り込まれていることがあります。