町田の葬儀場数と町田市の人口比率

町田は東京都の多摩地区の南方面にあって人口は約43万人、東京都23区に通勤している方は2割以上です。関西で行う葬式は通夜の時に食事を提供する習慣はなく、関東地方を含めた東日本だと通夜で通夜ふるまいをする慣習があります。これは日本の多くの地域で行われていて食事を食べるのは遺族と近親者だけが一般的です。準備が必要な食事は参列者の約半分ぐらいの量だと言われていますが、東京だと遺族や近親者以外の参列者が食事をする慣習があるので、参列者の7割ぐらいの食事が必要です。昔からの慣習だけでなくよく利用されている公営斉場を使う場合の慣習や、寺院や民営斉場を使う時にもそれぞれメリットやデメリットなどもあります。最近では家族葬などの少人数の葬式を使い料金なしの定額で提供する会社も多く、それにともなって低価格で明朗会計を行っている所も増えています。

公営斎場の1つ南多摩斎場について

町田の上小山田町にある南多摩斎場は公営斉場の一つで、八王子市や多摩市、日野市と稲城市と一緒に運営を行っています。この地域の住民だと割安な費用で施設が使えるので、人気も高く式場を利用するのに数日間程度待つ必要があることもあります。この斉場には遺体を安置出来る霊安室が併設されていて、初めの24時間までは追加料金なしで利用可能で、24時間を超えるときは1日3,000円の追加料金を支払えば引き続き利用出来ます。個人が亡くなった日から葬儀を行うまでに待つ必要がある時も安心で、式場を使えるまでは遺体が出棺されるまで火葬したら解散になります。火葬場と式場も併設されていて、通夜から告別式から火葬まで同じ施設で行えます。式場と火葬場が同じ施設内にあるので、霊きゅう車や親族などが移動するためのタクシーやバスの手配もいらず価格も抑えられます。

寺院や民営の斉場を使うときの特徴

町田市の公正の葬儀場の南多摩斎場を使うときには数日間待つ必要がある場合もあり、斉場に行くにも最寄駅からタクシーなどに乗る必要があるので遠方からの参列者だと不便に感じたりします。民営や寺院だと希望している日にちや時間帯が確保しやすく、交通アクセスが良い立地なことが多く遠方からの参列者の便利さを考えるときはこちらが適していることもあります。ただ、遺体を火葬するには南多摩斎場の火葬場を使うので寝台車と遺族や親せき、僧侶などが移動できるマイクロバスやタクシーの準備が必要でその分費用がかかります。費用がかかっても便利さやスケジュールが決まっている時には民営や寺院を選ぶのも良いです。また、町田では安価でも厳かなお見送りが出来るように祭壇などの貸し出しや葬祭用品の販売もしています。葬儀についての業務は行っていませんが、遺体の搬送や礼状、写真や生花などは協定業者を紹介してくれます。